よくある質問

Homeよくある質問4-4 排出量がどのように計算されているか 排出係数について知りたい

4-4 排出量がどのように計算されているか 排出係数について知りたい

温室効果ガスの排出量は、直接測定するのではなく、経済統計などで用いられる「活動量」(例えば、ガソリン、電気、ガスなどの使用量)に、「排出係数」をかけて求めます。

排出量の算定方法については、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がガイドラインを定めています。ガイドラインの中では、「排出係数」の標準的な値 も示しています。日本では、この標準値は必ずしも使わず、日本の排出実態にあった係数を試算し、用いています。係数の値は「温室効果ガス排出量算定方法検 討会」で見直されています。

平成18年4月1日に施行された温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に基づく企業が算定する際の排出係数は、次の環境省ウェブサイトの「対象となる排出活動、算定方法一覧」をご覧ください。
環境省の温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に関するページ

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度については

環境省のサイトをご覧ください。

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度における電気の排出係数については

環境省の報道発表の資料5をご覧ください。

一般電気事業者等の区分については

電気事業連合会のウェブサイトをご覧ください。

参考ページ

・気候変動枠組条約事務局
「温室効果ガスインベントリーに関する指針(1999)」(英語)(PDF)
UNFCCC guidelines on reporting and review (FCCC/CP/1999/2000)

・気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
「IPCCガイドライン1996年改訂版」(英語)
Revised 1996 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories

・気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
「IPCCグッドプラクティスガイドライン」(英語)
IPCC Good Practice Guidance and Uncertainty Management in National Greenhouse Gas Inventories


 

このページのトップへ