よくある質問

Homeよくある質問1-1 地球は温暖化してきているのか

1-1 地球は温暖化してきているのか

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次報告書(2014年)によると、1880年から2012年の132年間に地球の平均気温は、約0.85℃上昇したと公表されています。これは、地球が今までに経験したことのないスピードです。温度上昇は地球全体にわたり生じていますが、とりわけ北半球のより高緯度地域の上昇が大きくなっています。日本でも約1℃平均気温が上昇しました。

参考図表:世界の地上気温の経年変化(年平均)


この傾向は、自然現象では説明できず、人間活動が20世紀半ば以降に観測された温暖化の要因である可能性が極めて高いと科学者は指摘しています。引用文献*1)

日本の平均気温は世界の平均気温に比べ年々変動の幅が大きいものの、長期的には同様に上昇傾向であり(信頼度水準99%で統計的に有意)、その上昇率は100年あたり1.14℃。1940年代までは比較的低温の期間が続いたが、その後上昇に転じ、1960 年頃を中心とした高温の時期、それ以降1980 年代半ばまでのやや低温の時期を経て、1980 年代後半から急速に気温が上昇しています。引用文献*2)

参考図表:日本における年平均気温の経年変化


また、地球温暖化とは直接関係はないのですが、ヒートアイランド現象のせいもあり、日本の大都市の年平均気温はさらに急激に上昇しています。特に、東京、名古屋、福岡ではこの100年で平均気温が約3℃上昇しました。(引用文献*3)

引用文献

*1 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)「第5次評価報告書」2014年
    参考:JCCCA IPCC特設ページ(WG1)
*2 気象庁「異常気象レポート2014」
*3 気象庁「気候変動監視レポート2013」

もっと知りたい人へ

気象庁 全球異常気象監視速報
・世界全体で起こった最新の異常気象について知ることが出来ます。

<参考>ヒートアイランド現象

都市部には人口が集中しており、排熱源が多く、コンクリートやアスファルトを使った建物や道路が増える一方、緑が減ることなどによって、都市部の気温は周辺部より高くなっています。等温線を引くと、 都心部を中心とした島のようになり熱の島のようであることから、ヒートアイランド現象と呼ばれています。

このページのトップへ