すぐ使える図表集

Homeすぐ使える図表集2-2 700~2100年までの気温変動(観測と予測)

2-2 700~2100年までの気温変動(観測と予測)

700~2100年までの気温変動(観測と予測)


(クリックすると拡大画像が表示されます)
出典) IPCC第4次評価報告書

<図表について>

  • この図表は、IPCC第4次評価報告書に掲載されていた2つのグラフを、合体して作成したものです。
  • ~2000年までの過去の観測については、北半球でのデータです。
  • 1961~1990年の平均値を0.0℃としたとき、地上気温がどれくらい差があったかを示しています。
  • 太線は、温度計などの計測機器によってとられたデータです。
  • 細線は、複数の気候代替データ(年輪、珊瑚、氷床コアなど)を元に復元した12の研究データです(元グラフ及び解説は下のグラフ「北半球の平均気温の変化 (700~2000年)」をご覧ください)。
  • 元のグラフは「IPCC第4次評価報告書(英語) Technical Summary」のFigure TS.20.です。
  • 2000年~については、全球における予測データです。
  • 1980~1999年の平均値を0.0℃としたとき、2090~2099年の地上気温がどれくらい上昇するかについて、可能性が高い予測値の最小値と最大値を示しています。
  • JCCCA 「すぐ使える図表集 2-9」には元グラフ及び解説を掲載しています。
  • 元のグラフは「IPCC第4次評価報告書 Summary for Policy Makers」の図SPM-5、表SPM-3です。

日本語 気象庁訳はこちら
IPCC発表の原文(英語)はこちら

北半球の平均気温の変化 (700~2000年)


(クリックすると拡大画像が表示されます)
出典) IPCC第4次評価報告書

<図表について>

  • 本グラフは北半球のデータです。
  • 1961~1990年の平均値を0.0℃としたとき、過去の気温がどれくらい差があったかを示しています。
  • 太線は、温度計などの計測機器によってとられたデータです。
  • 細線は、複数の気候代替データ(年輪、珊瑚、氷床コアなど)を元に復元した12の研究データと出典を表しています。
  • 元のグラフは「IPCC第4次評価報告書」テクニカル・サマリー(英語、Technical Summary)のFigure TS.20、及び第6章(英語、Chapter6)のFigure 6.10です。

ドキュメントライセンス

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合
図表内に記載されている出典、及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を明記してください。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3 第一アマイビル4階
TEL: 03-6273-7785

※複数の図表がある場合は一括でダウンロードされます。

このページのトップへ