気候変動枠組条約

Home世界の動向気候変動枠組条約

気候変動枠組条約

気候変動枠組条約

大気中の温室効果ガスの濃度の安定化を究極的な目的とし、地球温暖化がもたらすさまざまな悪影響を防止するための国際的な枠組みを定めた条約で、1994年3月に発効しました。温室効果ガスの排出・吸収の目録、温暖化対策の国別計画の策定等を締約国の義務としています。

条約の概要

気候変動枠組条約の目的、これまでの経緯などを簡単にまとめています。

条約交渉のプロセス

条約の署名・締結・発効のプロセスや締約国の種類、締約国会議など条約交渉の基礎知識について、わかりやすく解説しています。

このページのトップへ