地球温暖化対策推進法と取り組み

Home日本の動向日本政府の取り組み地球温暖化対策推進法と取り組み

地球温暖化対策推進法と取組

地球温暖化対策推進法と取組

1998年、温室効果ガスの排出量を削減するための国、地方自治体、企業などの責任と取組を定めた地球温暖化対策推進法が施行されました。
さらに2001年11月、モロッコのマラケシュで開かれたCOP7で京都議定書の運用ルールが合意されたことを受け、日本政府は2002年5月の通常国会で京都議定書の締結・承認及び、京都議定書の国内対策を定めた地球温暖化防止推進法の改正案を提出し、5月31日に国会で可決成立しました。
これを受け、2002年6月4日に京都議定書を受諾することを閣議決定し、同日、ニューヨークの国連本部に受諾書を寄託しました。これによって日本は京都議定書を批准する手続きを完了しました。また、法律については6月7日に公布されました。
この法律には主に以下の事項が決められており、日本の地球温暖化対策の基本法律となっています。

取組の主体の責務

取組の主体の設置

施策など

さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください

このページのトップへ