パンフレット

適応への挑戦2012

温暖化から日本を守る適応への挑戦

概 要
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2007年に発表した報告書(第4次評価報告書=AR4)で「温暖化には疑う余地がない」と断定しました。大気や海洋の世界平均温度の上昇、北極の氷及び山岳氷河などの広範囲にわたる減少、世界平均海面水位の上昇等が観測され、今や地球が温暖化していることは明らかだとしています。温暖化に対して私達がとるべき主な対応策は「緩和(温室効果ガス排出の削減)」と「適応(影響に対応した人間社会の調整)」です。このパンフレットでは、このうち、特に「適応」について、その考え方やわが国の取組を中心に、具体的な計画・事例などを紹介しています。
  • データをダウンロードする方はこちら
    ダウンロード
  • 送付をご希望の方はこちら
    送付用申込書

このページのトップへ