海外

Home温暖化関連ニュース海外世界と日本の年平均気温がこれまでの最高値を更新(気象庁)

[海外] [国内]

世界と日本の年平均気温がこれまでの最高値を更新(気象庁)

気象庁は、2016年の世界の年平均気温偏差(速報値)は+0.46℃で、1891年の統計開始以来、最も高い値となる見込みであると発表しました。また、2016年の日本の年平均気温偏差(速報値)についても+0.88℃と、1898年の統計開始以来、最も高い値となる見込みであるとしています。

●世界の年平均気温  
2016年の世界の年平均気温偏差(1981~2010年の30年平均値を基準値とし、平均気温から基準値を差し引いた値)は+0.46℃で、統計を開始した1891年以降では最も高い値となる見込みです(これまでは2015年の+0.42℃)。世界の年平均気温は、長期的には100年あたり0.72℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっています。
地域別では、北大西洋や北太平洋の一部地域等で低温となりましたが、ユーラシア大陸、北米大陸、太平洋熱帯域、インド洋など、広い範囲で顕著な高温となりました。また、月別では1~4月及び6~7月、季節別では冬(前年12~2月)、春(3~5月)及び夏(6~8月)の平均気温偏差が統計を開始した1891年以降で最も高い値となりました。

●日本の年平均気温  
2016年の日本の年平均気温偏差(1981~2010年の30年平均値を基準値とし、平均気温から基準値を差し引いた値)は+0.88℃で、統計を開始した1898年以降では最も高い値となる見込みです(これまでは1990年の+0.78℃)。日本の年平均気温は、長期的には100年あたり1.19℃の割合で上昇しており、特に1990年代以降、高温となる年が多くなっています。

●年平均気温の変動の要因  
近年、世界と日本で高温となる年が頻出している要因としては、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響が考えられます。また、世界と日本の平均気温は、数年~数十年程度の時間規模で繰り返される自然変動の影響も受けて変動しており、今年の世界と日本の年平均気温が高くなった要因の一つとして、2014年夏から2016年春まで続いたエルニーニョ現象の影響が考えられます。

詳細については気象庁ウェブサイトをご覧ください。

このページのトップへ