海外

Home温暖化関連ニュース海外世界の年平均気温がこれまでの最高値を更新【気象庁】

[海外]

世界の年平均気温がこれまでの最高値を更新【気象庁】

気象庁は、世界の年平均気温がこれまでの最高値を更新したと発表しました。

世界の平均気温は、2015年の世界の年平均気温偏差(1981~2010年の30年平均値を基準値とし、平均気温から基準値を差し引いた値)は+0.40℃で、統計を開始 した1891年以降では最も高い値となる見込み、と発表しました(これまでは2014年の+0.27℃)。
世界の年平均気温は、長期的には100年あたり0.71℃の 割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっていると発表しました。

今年の世界の年平均気温が高くなった要因の一つとして、2014年夏から続いていたエルニーニョ現象が2015年春以降さらに発達したことが考えられる、としています。

詳細は、以下の気象庁報道発表をごらんください。
http://www.jma.go.jp/jma/press/1512/21d/worldtemp2015.html

このページのトップへ