国内

Home温暖化関連ニュース国内2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました

[国内]

2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました

2014年度(平成26年度)日本の室効果ガス排出量(速報値)が環境省および国立環境研究所(GIO)より発表されました。

 2014年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億6,500万トン(CO2換算。以下同じ。)でした。
 前年度の総排出量(14億800万トン)と比べると、電力消費量の減少(省エネ等)や電力の排出原単位の改善(再生可能エネルギーの導入拡大・燃料転換等)に伴う電力由来のCO2排出量の減少により、エネルギー起源のCO2排出量が減少したことなどから、3.0%(4,300万トン)減少しました。

 また、2005年度の総排出量(13億9,600万トン)と比べると、オゾン層破壊物質からの代替に伴い、冷媒分野においてハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加した一方で、産業部門や運輸部門におけるエネルギー起源のCO2排出量が減少したことなどから、2.2%(3,100万トン)減少しました。

※JCCCAでは、日本の温室効果ガス排出量について、すぐ使える図表集で情報を提供していますが、現時点では 報値等が公表されていないものデータがあります。 このため、来年2016年4月に報告予定の確定値が発表され次第、図表の更新を行いますのでごりょうしょう承知おきくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

★詳細はこちら
2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(国環研記者発表)
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2015/20151126/20151126.html

2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(環境省報道発表)
http://www.env.go.jp/press/101726.html

このページのトップへ