国内

Home温暖化関連ニュース国内海洋内部の酸性化に関する情報提供の開始について【気象庁】

[国内]

海洋内部の酸性化に関する情報提供の開始について【気象庁】

海洋内部の酸性化に関する情報提供の開始について
~海洋内部の酸性化が進行していることが分かりました~
http://www.jma.go.jp/jma/press/1511/09a/pH_in2015.html

【概要】
  気象庁は、これまで東経137度線及び太平洋域における海洋表面の海洋酸性化に関する
情報を提供してきました。今回、当庁の海洋気象観測船の観測データに加え、国際的な海洋
観測データも取り入れた解析を行い、新たに東経137度線及び東経165度線に沿った海洋内部
の酸性化に関する情報提供を開始しました。解析の結果、両観測線とも北緯15度以北では
海洋表面だけでなく海洋内部でも、海洋酸性化が進行していることが確認されました。

【本文】
  一般に海水は弱アルカリ性を示しますが、海水が大気中の二酸化炭素を吸収して酸性側に
変化する「海洋酸性化」(=水素イオン濃度指数(pH)の低下)が世界規模で進行しています。
特に、近年、「海洋酸性化」が進むと長期的にはサンゴやプランクトン等の海洋生態系に影響
が及ぶことが懸念されています。


当庁は海洋気象観測船(凌風丸及び啓風丸)によって、北西太平洋域における二酸化炭素の
観測を1984年以降行っています。今回、当庁保有の観測データに加え、国際的な観測データも
取り入れ、1990年代以降における北西太平洋の東経137度線及び東経165度線に沿った海洋
内部における「海洋酸性化」の状況を初めて解析しました。

その結果、当該海域の深さ約150~800mでは、「海洋酸性化」が進行していることがわかり
ました。具体的に、水素イオン濃度指数(pH)でみると、東経137度線では10年あたり0.008~
0.025、東経165度線では10年あたり0.001~0.031低下しており、両観測線とも北部ほど速く
低下する傾向が見られました。これは、亜熱帯北部ほど人為起源二酸化炭素蓄積量が多い
ことと整合しています。

現在把握されている海洋酸性化により、海洋生態系等に直ちに影響が出るものではありま
せんが、このまま海洋酸性化が進むと、海洋生態系や水産業等に長期的に大きな影響が
及ぶことが懸念されます。気象庁では、引き続き太平洋域における海洋酸性化の監視を
続け、その結果は気象庁ホームページ「海洋の健康診断表」を通じて、提供していきます。

【資料全文】
海洋内部の酸性化に関する情報提供の開始 [PDF形式:656KB]
http://www.jma.go.jp/jma/press/1511/09a/pH_in2015.pdf

【関連資料】
海洋内部のpHの長期変化傾向(北西太平洋)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_3/pHin/pH-in.html

表面海水中のpHの長期変化傾向(北西太平洋)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_3/pHtrend/pH-trend.html

表面海水中のpHの長期変化傾向(太平洋)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_3/pHpac/pH-pac.html

海洋による二酸化炭素吸収量(全球)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_2/co2_flux_glob/co2_flux_glob.html

二酸化炭素濃度の長期変化傾向(北西太平洋)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_2/co2_trend/co2_trend.html

海洋中の二酸化炭素蓄積量
http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_2/co2_inventory/inventory.html

このページのトップへ