国内

Home温暖化関連ニュース国内異常気象レポート2014が発表されました(気象庁)

[国内]

異常気象レポート2014が発表されました(気象庁)

気象庁では、国内外の関係機関と協力しながら、異常気象や地球温暖化などの気候変動の観測・監視を行い、そのデータを分析するとともに将来変化の予測を行っています。地球温暖化問題などに対する関係機関の施策への活用や、国民一人ひとりの地球環境問題に関する理解に役立てることを目的として、これらを取りまとめた「異常気象レポート 近年における世界の異常気象と気候変動-その実態と見通し-」を、昭和49(1974)年以来7回にわたって刊行しています。

この報告書では、気象庁による観測、監視、解析結果のほか、IPCC第5次評価報告書や内外の研究機関の最近の研究成果をもとに、異常気象や気候変動(地球温暖化)に関する気象庁の見解が示されています。特に、 IPCCの報告書では詳細が示されていない、日本における異常気象や気候変動の実態や見通しの見解について詳細に解説しています。

異常気象レポートは以下のページからご覧ください。
http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/climate_change/
 

このページのトップへ