国内

Home温暖化関連ニュース国内2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました(再掲)

[国内]

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました(再掲)

2013年度(平成25年度)日本の室効果ガス排出量(速報値)が環境省および国立環境研究所(GIO)より発表されました。

2013年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億9,500万トン(CO2換算)でした。 前年度の総排出量(13億7,300万トン)と比べると、化石燃料消費量の増加により、産業部門及び業務その他部門のエネルギー起源CO2の排出量が増加したことなどから、1.6%(2,200万トン)増加しました。
また、増加し続けていた家庭部門では前年度と比較すると0.4%の減少となっています。

2005年度の総排出量(13億7,700万トン)と比べると、火力発電の増加による化石燃料消費量の増加により、エネルギー起源CO2の排出量が増加したことや、オゾン層破壊物質からの代替に伴い、冷媒分野からのハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加したことなどから、1.3%(1,800万トン)増加しました。

※JCCCAでは、日本の温室効果ガス排出量について、すぐ使える図表集で情報を提供していますが、現時点では2012年度(平成24年度)の年報値等が公表されていないものがあります。 このため、来年2015年4月に報告予定の確定値が発表され次第、図表の更新を行いますのでご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

★詳細はこちら
2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(国環研記者発表) http://www.nies.go.jp/whatsnew/2014/20141204/20141204.html

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(環境省報道発表)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=19016

「日本の温室効果ガス排出量データ(1990~2013年度速報値)」(温室効果ガスインベントリオフィスウェブページ)
http://www-gio.nies.go.jp/aboutghg/nir/nir-j.html#e

このページのトップへ