イベント情報

Homeイベント情報動き出す100%自然エネルギーイニシアティブ〜日本における100%RE実現への課題〜

[東京]

動き出す100%自然エネルギーイニシアティブ〜日本における100%RE実現への課題〜

  近年、世界では100%自然エネルギー(以下、100%RE)のビジョンを掲げる主体が増え続けています。一方、日本では、2030年度の自然エネルギーの電力の割合は非常に低く設定されており、国内で自然エネルギー促進の機運は、諸外国のような広がりはまだ見られません。

  今回のイベントでは、世界中で広まっている100%REの動きについてCANインターナショナルのブルーン氏から紹介いただきつつ、CAN-Japanメンバー団体の自然エネルギーに関する取り組みを紹介し、日本で100%REの展開にむけて、論点を提示します。

日時:2017年9月6日(水)10:00~12:30(開場9:30)

会場:プラザエフ地下2階クラルテ(千代田区六番町15)
    JR「四ッ谷駅」麹町口 徒歩 1 分
    東京メトロ 丸ノ内線「四ッ谷駅」1 番出口(徒歩 3 分 )
    東京メトロ 南北線「四ッ谷駅」3 番出口(徒歩 3 分 )

プログラム: 1.講演「世界の市民社会や地域の自然エネルギー100%へのイニシアティブ(仮題)」(逐次通訳)
Lasse Bruun(Head of Global Campaign Coordination,Climate Action Network International)

  ラッセ・ブルーン氏は、気候変動、エネルギー、動物愛護、持続可能な農業の分野のエキスパートとして、20年以上にわたりコミュニケーションや政策提言、ムーブメント構築などの活動に携わってきました。ブルーン氏は、国際環境NGOのGreenpeaceのグローバルプロジェクトリーダーや、デンマーク議会のアドバイザーを務めた経験を経て、現在はClimate Action Network(CAN)のグローバルキャンペーンのリーダーを務めています。
  ブルーン氏は、これらの経歴を通して、ハイレベルな国際的対話やキャンペーン、プロジェクトを世界中で主導してきました。CANにおいては、120カ国・1100を超えるNGOを代表してキャンペーンをコーディネートしています。また、労働組合や大都市行政、財団、さらにはフォーチュン500に名を連ねる企業とともに、環境問題、信仰心、開発などに関わるNGOを巻き込んだグローバルなエネルギー・タスクフォースを率いています。コペンハーゲン大学大学院(修辞学、言語学)。

2.自然エネルギー普及の活動紹介と論点提示

3.パネルディスカッション
登壇者:Lasse Bruun (Climate Action Network International)
     飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)、
山岸尚之(WWFジャパン)
    古屋将太(環境エネルギー政策研究所)、他
コーディネーター:平田仁子(気候ネットワーク)

4.質疑応答
---------

参加費:一般1,000円、CAN-Japanメンバー団体の会員500円

定員:100人(先着順)

申込み:こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
<https://goo.gl/forms/iPp4NujhftE58BZ43>

あるいは、メールかFAX、お電話にて下記の申込先まで、件名「9/6イベント申込み」として、お名前、ご所属、ご連絡先のメールアドレスをご連絡下さい。
*お申し込み頂いた方には確認後、申込受付のご案内をお送りいたします。

問合せ・申込み:Climate Action Network Japan(CAN-Japan)
京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305気候ネットワーク内
TEL: 075-254-1011 FAX: 075-254-1012
E-mail: secretariat*can-japan.org(*を@に変えて送信)

主催:Climate Action Network Japan (CAN-Japan)

本報告会は、平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の
助成を受けて開催します。<http://www.erca.go.jp/jfge/>

このページのトップへ