イベント情報

Homeイベント情報国連気候変動ボン会議報告会 in 東京 ~パリ協定のルールづくりの最前線から~

[東京]

国連気候変動ボン会議報告会 in 東京 ~パリ協定のルールづくりの最前線から~

日時:2017年6月12日 (月)14:00~16:30(開場13:30)
会場:ベルサール九段1・2(東京都千代田区九段北1-8-10)

  2015年に採択され、2016年に異例のスピードで発効したパリ協定。
米国大統領の動向に注目が集まっていますが、パリ協定はすでに発効しており、
国連交渉ではそのルールづくりの議論が進んでいます。
5月8日から18日にかけてドイツのボンで行われた国連会議は、今後の世界や
日本の経済・ビジネス・社会のあり方を大きく左右する、極めて重要なプロセスです。

  今回の報告会では、ボン会議に参加し、このプロセスを長年にわたって
フォローしているNGOメンバーが、パリ協定のこれまでやボン会議の議論、
日本に求められることについて報告します。

  また、今回は特別に、太平洋に浮かぶ島国・マーシャル諸島共和国出身で、
国連気候サミットやCOP22で絶賛された詩人、気候活動家である、
キャシー・ジェトニル・キジナーさんを迎え、世界に広がる気候危機の
現実と再生可能エネルギー100%に向かう世界の「リアル」をお話し頂きます。
ぜひご参加ください。

プログラム:
(1)ポエトリー・リーディング&講演
「自然エネルギー100%に向けて加速する世界~COP23に向けて~(仮題)」
キャシー・ジェトニル・キジナーさん(詩人、気候保護活動家)

【プロフィール】
マーシャル諸島共和国生まれ。ハワイ大学の太平洋島嶼国研究学部修士課程修了。マーシャル諸島大学の講師として働く傍ら、本業を詩人とし、天性の表現力で気候変動に対する対策の緊急性を訴え、世界から注目を浴びている気候変動活動家。パリ協定が発効された2016年11月4日に国連事務総長が開催したイベントにも参加。母親は2016年にマーシャル諸島共和国初の女性大統領となり、親子で世界に気候変動対策の重要性を訴えている。

(2)ボン会議参加メンバーによるレポート

実際にボン会議に参加しているCAN-Japanメンバー団体の専門家から、パリ協定のこれまで、ボン会議での議論、日本に求められることについて重要なポイントを報告します。世界の気候変動対策や世界経済の脱炭素化の行方に関心のある方、必聴です!

(3)質疑応答&ディスカッション

参加費:一般:1000円、CAN-Japanメンバー団体の会員は500円

協力:一般社団法人Earth Company

申込方法など詳細は、こちらのホームページをご覧ください。

このページのトップへ