イベント情報

Homeイベント情報市民公開講演会「これからの地球温暖化問題を考える」

[東京]

市民公開講演会「これからの地球温暖化問題を考える」

  2015年のパリでのCOP21では、京都議定書に代わる温室効果ガス削減のための新たな国際枠組として「パリ協定」が採択された。この協定を踏まえて、国内外では本格的な取り組みを進めていくことが期待されている。そこで本講演会では、地球温暖化問題をめぐる世界の動きや日本で求められる対応など、最前線の状況を名古屋大学・高村ゆかり先生にご講演いただき、本学会若手研究者やフロアを交えたディスカッションを通じて、今後の道標を探っていく。

【日 時】2017年3月4日(土)14:30~16:30

【場 所】法政大学市ヶ谷キャンパス富士見坂校舎F310(東京都千代田区富士見2-17-1)
      →アクセス(セブンイレブン隣の外濠校舎玄関から入場されると便利です)

【講師と討論者】
高村 ゆかり(名古屋大学 教授)

(討論者)
久保田 泉(国立環境研究所 主任研究員)
馬場 健司(東京都市大学 教授、法政大学地域研究センター客員教授)
杉野 誠(山形大学 准教授)

【参加申込】不要。ただし、会場の教室の関係で参加が50名を超えた場合には、立席になることをご了承ください。

プログラムの詳細などについては、こちらのホームページをご覧ください。

このページのトップへ