すぐ使える図表集

Homeすぐ使える図表集2-7 2100年の北極における海氷面積予測

2-7 2100年の北極における海氷面積予測

北半球9月の海氷面積予測


(クリックすると拡大画像が表示されます)
出典)IPCC第5次評価報告書

<図表について>

  • 赤の予測部分はRCP8.5(2100年における温室効果ガス排出量の最大排出量に相当するシナリオ)であり、青の予測部分はRCP2.6(将来の気温上昇を2℃以下に抑えるという目標のもとに開発された排出量の最も低いシナリオです。
  • 黒の観測部分は39、赤のRCP8.5は37、青のRCP2.6は29の気候予測モデルの平均を算出しています。
  • 点線はほとんど凍らない状態(海氷面積が少なくとも5年連続10の6乗平方km未満のとき)を示しています。
  • 陰影は、個々のモデルの年平均値の標準偏差の範囲を示しており、グラデーションは各RCPシナリオに対して、2081~2100年の平均がとる可能性が高い値の範囲を示しています。
  • 詳細については、IPCC第5次評価報告書特設ページ(第1作業部会)をご覧ください。

21世紀末における北半球9月の海氷面積予測


(クリックすると拡大画像が表示されます)
出典)IPCC第5次評価報告書

<図表について>

  • 複数の気候予測モデルによる地上平均気温の変化を表し、2080~2100年における2つのシナリオでの予測をしています。
  • RCP8.5は37、RCP2.6は29の気候予測モデルの平均を算出しています。
  • 詳細については、IPCC第5次評価報告書特設ページ(第1作業部会)をご覧ください。

ドキュメントライセンス

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合
図表内に記載されている出典、及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を明記してください。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3 第一アマイビル4階
TEL: 03-6273-7785

※複数の図表がある場合は一括でダウンロードされます。

このページのトップへ